スパイスカレー

初心者の方にもオススメ!本格スパイスチキンカレーの作り方をご紹介【レシピ】

今回はシンプルな「スパイスチキンカレー」の作り方をご紹介します。

フリーヨガインストラクターを主として活動しつつ、骨格調整やアロマセラピストの資格を生かし様々な活動を行っています。毎日スパイスカレーを食べています。
Instagram follower :5,900人超

・簡単に作れるスパイスカレーが知りたい
・材料にお金をなるべくかけたくない

材料も使用するスパイスも少量なので、本格的なスパイスカレーの最初のレシピとしてオススメです♪写真付きでレシピのご紹介をしていきます。

より直感的にわかりやすいようにYoutubeに動画をアップしました!

3分程で見れて作り方がシンプルに確認できる動画となっておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

材料のご紹介

材料(4〜5人前)

  • 玉ねぎ 1個
  • 鶏肉 300g
  • ヨーグルト 100g
  • トマトピューレ 大さじ3
  • しめじ 1房
  • にんにく 1片
  • 生姜 1片
  • 塩 小さじ1
  • サラダ油 大さじ3
  • 水 400g

ホールスパイス

  • クミンシード
  • クミンシード

パウダースパイス

  • コリアンパウダー 大さじ1
  • チリパウダー 小さじ1/2
  • ターメリック 小さじ1/2
  • ガラムマサラ 小さじ1/2(お好みで大丈夫です)

スパイスチキンカレーの作り方

下準備

鶏肉をヨーグルトに漬け込みます。

  1. 鶏肉をヨーグルトに1時間ほど漬ける事によって、お肉の繊維が柔らかくなります。大きさは、一口大にカットして食べやすいようにしておきます。

野菜をカットしておきます

  1. 玉ねぎは、スライスにしておきます。
  2. 今回はトマトピューレを使用します。理由は、トマトは水分が多い為、水分量の調節が行いやすく調理も簡単に済むのでおすすめです。
  3. にんにく・生姜は摩り下ろしておきます。
  4. しめじの根元はカットして、手でバラしておきます。

ベース作り

ホールスパイス(クミンシード)を油と馴染ませ香りを出します(弱火)

熱した鍋やフライパンにサラダ油を入れて弱火で温めます。油の量が少ないと焦げてしまいますので、すこし多めにしておきましょう。油が温まってきたら、ホールスパイスのクミンシードを一粒程入れて、上に浮いてきていたら、残りのクミンシードを入れます。

クミンは飛びやすいので、火傷には気をつけてください

玉ねぎを投入します(強火)

スパイスのパチパチとする音が小さくなったら、玉ねぎを入れていきます。ひとつまみ程、お塩を入れると玉ねぎの水分が出やすくなります。少し焦げて慌てずに、強火のまま脱水する点がポイントです。

にんにく、生姜、玉ねぎを加えていきます(中火)

上記を加えた後もしっかりと水分をとばしていきます。

パウダースパイスを投入したら、ベースの完成です(弱火)

今回動画では一気にパウダースパイスを投入していますが、混ぜながら一つ一つ入れてあげると丁寧です。

ベースがスパイスカレーの土台になります。玉ねぎからしっかりを水分を抜いてあげることが特に重要です。

仕上げ

先ほど下準備していたヨーグルトに漬け込んだ鶏肉をベースに入れて、しっかりと火を通していきます(中火)

水を入れて蓋をし、5分煮込みます。(中火)

しめじを投入し、さらに5分煮込みます(弱火)

かき混ぜながら煮込んでいきましょう。

お好みでガラムマサラを加え、一煮立ちさせます(弱火)

鶏肉にしっかりと火が通ったことを確認して、好みでガラムマサラを加えます。ガラムマサラを加えることで、さらに香りが引き立ちます。

全体に火が通ったことが確認できたら、盛り付けて完成です

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は初心者の方でも簡単に作れるシンプルな「スパイスチキンカレー」をご紹介しました。

スパイスから作るカレーは一般的な市販のカレーと比較して手間が多いですが、それだけ体の健康にも良いカレーです。

これをきっかけに、他のスパイスカレーも作ってみていただけると嬉しいです。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

栄養豊富!便利な鯖缶で作る絶品和出汁スパイスカレー【レシピ】 フリーヨガインストラクターを主として活動しつつ、骨格調整やアロマセラピストの資格を生かし様々な活動を行っています。毎日スパイス...

RELATED POST