スパイスカレー

小さくても栄養がいっぱい☆ホタルイカとひよこ豆のスパイスカレー【レシピ】

フリーヨガインストラクターを主として活動しつつ、骨格調整やアロマセラピストの資格を生かし様々な活動を行っています。毎日スパイスカレーを食べています。
Instagram follower :5,900人超

・旬のホタルイカを使ったアレンジレシピが知りたい
・お酒の飲み過ぎなどで肝臓の調子が悪い

そんな悩みを解消するべく、小さくても栄養がいっぱいのホタルイカとひよこ豆のスパイスカレーレシピをご紹介したいと思います。

今が旬のホタルイカをたっぷり使用し、”うまみぎっしり”の季節にぴったりのカレーです。

作り方はYoutubeにもアップしていますので、併せてチェックしてみてください

ぜひ、最後までご覧ください♪

ホタルイカの栄養について

ホタルイカはその小さな体の中に、栄養がたくさん詰まっています。

ホタルイカに含まれるタウリンには血液中に含まれる毒素やアルコールなどを排出する働きがあります。

ホタルイカは肝臓をサポートしてくれるので酒の肴としても定番ですよね。

肝臓を元気にして、疲労回復、浮腫の改善、血糖値の上昇を抑えます。

また美肌効果も期待できます!

材料のご紹介

材料(4〜5人分)

  • ホタルイカ 1パック(約400g)
  • ひよこ豆(茹でた物) 1カップ
  • 小エビ出汁 大さじ2
  • 粒マスタード 大さじ1
  • 玉ねぎ 一つ
  • 生姜、ニンニク 一片ずつ
  • トマトピューレ 大さじ5
  • お水 適量
  • 塩 適量

ホールスパイス

  • フェヌグリーク  小さじ1/2
  • クローブ 5粒
  • クミンシード 小さじ1
  • マスタードシード 小さじ1
  • ブラックペッパー 小さじ1(好みで)
  • ベイリーフ 2枚

パウダースパイス

  • ターメリック 小さじ1/2
  • クミンパウダー 小さじ1
  • コリアンダーパウダー 大さじ
  • チリパウダー 小さじ1/2
  • パプリカ 小さじ1/2

ホタルイカとひよこ豆カレーの作り方

下準備

ホタルイカは、くちばしと目を取り除いておきます。

ひよこ豆は乾燥したものを一晩水につけ、翌日、圧力鍋で30分程ふっくらと茹でます。

生姜とニンニクはみじん切り、玉ねぎはスライス切りにしておきましょう。

ベース作り

油大さじ2を入れて火をかけます。(弱火

フェヌグリークを先に入れて、香りが出て色づいてきたら、
残りのホールスパイスも入れて、しっかり油に香りをうつしていきます。(中火

スパイスの音がして小さくなってきたら、玉ねぎのスライスと塩小さじ1入れて、全体をかき混ぜます。(強火

そのまま2分ほど触らず放置します。

2分経ったら水を10ml程入れて、かき混ぜながら炒め煮していきます。(強火

玉ねぎが飴色になり、音がパチパチと小さくなるまで炒めましょう。

みじん切りにしたニンニク、生姜をいれ更に炒めて香りを出します。

チリやベイリーフを取り除き、鍋からミキサーかブレンダー等に移してペーストにします。

ペーストにする時はミキサーでもブレンダーでも家にあるものを使ってください!
無ければ、ペーストにしなくても大丈夫です。

ペーストになったら再び鍋に戻して、トマトピューレを入れたら火をつけます。(弱火

トマトが馴染んできたらパウダースパイス、エビ出汁パウダー大さじ2を入れて(弱火)更に良く馴染ませていきます。

これで、ベースが完成です!

仕上げ

ベースにひよこ豆を入れたらよく混ぜて、水400mlを入れます。(強火

沸騰したら火を中火にして、5分ほど煮込みます。

5分経ったら弱火にして、ホタルイカを入れます。

そのままさらに5分煮込みます。(弱火

塩小さじ1(お好みで)と粒マスタード大さじ1を加えます。(弱火

最後にカルダモンパウダー小さじ1を加えます。

全体が的にとろみついたら火を消して完成です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホタルイカの旨味がたっぷり出たお出汁と、粒マスタードのピリッとした辛さが効いて、たまらないお味です。

ホタルイカの栄養を美味しくそのまま頂けるカレーとなっているので、是非みなさんも作ってみてください♪

では、また次回の記事でお会いしましょう。

RELATED POST